FC2ブログ

小説「マインドフルネス」が完成しました。

10月から投稿を始めた小説「マインドフルネス」がやっと完成しました。

 この作品はマインドフルネスをテーマにした物語であり、これからマインドフルネスを学ぶ方のための入門書にもなるようにマインドフルネスの実践について詳しく書きました。是非、実践して頂いてマインドフルネスのすばらしい効果を実感して下さい。半年も実践して頂くと必ず効果を実感して頂けます。

https://ncode.syosetu.com/n1436fb/
スポンサーサイト



小説「マインドフルネス」

まだ途中までですが、小説「マインドフルネス」を公開しました。

あらすじ
会社の研修を通してマインドフルネスに出合った主人公がマインドフルネスの魅力に取りつかれ、マインドフルネスを極めたいと上級コースを受講し、悟りを目指す物語です。

この作品はマインドフルネスをテーマにした物語であり、これからマインドフルネスを学ぶ方のための入門書にもなるようにマインドフルネスの実践について詳しく書きました。是非、実践して頂いてマインドフルネスのすばらしい効果を実感して下さい。半年も実践して頂くと必ず効果を実感して頂けます。 

https://ncode.syosetu.com/n1436fb/

講演会 「上座部仏教、またマインドフルネスをどのように認識するか」

人間禅 関西道場
人間禅関西道場で仰月庵老師の「上座部仏教、またマインドフルネスをどのように認識するか」という講演会がありました。
まず、禅の修行は三段階あると説明されました。

見性入理 (見性体験をすることで「色即是空」の「空」を実際に体験すること)
見性悟道 (「色即是空」のままでは人間の世界で生きられないので、「空」を身に付け日常生活に活かす道を学ぶ)
見性了了底  (悟りも迷いも忘れ去って大安心の境地)

上座部仏教のスマナサーラ長老が般若心経の「色即是空」は解るが、「空即是色」は間違いであるとの発言を取り上げられ、「空即是色」は見性悟道のことであるから、上座部仏教には見性入理はあるかもしれないが、その先の見性悟道と見性了了底がなく悟りとしては不完全であると説明されました。

マインドフルネスについてはジョン・カバット・ジン教授のマインドフルネスを取り上げられ、精神疾患の治療のためのものであり、そもそも悟りを目指すものではないと説明されました。

マインドフルネスについてはジョン・カバット・ジン教授のものの他にGoogleのビジネスマンの能力開発のためのものや、ティク・ナット・ハン師の悟りを目指すものもあるのでもう少し深く説明して欲しかった。

人間禅 http://www.ningenzen.jp

人間禅 関西道場 http://www.ningenzen.jp/kansai/

座禅会に行って来ました

宝巖寺
人間禅の坐禅会に行ってきました。
場所は大阪市の新深江にある宝巖寺です。
今里静座会は第二・第四木曜日が「宝巖寺」で第三木曜日が今里のマンションの一室であります。

最初に般若心経を唱えて、30分の坐禅を二回した後、
人間禅師家一宇庵小野円照老師著「禅入門」の輪読を行いました。
最後に宝巖寺のご住職からご自身が無字の公案に参究して「むーむーむー」とやって自分を追い込んでいき、最後に風船が爆発するように見性したというお話をして頂きました。

坐禅会が終わった後、第四木曜日のみ懇親会があります。
近くの中華料理屋さんで、大阪北部地震の話や、禅の本の話などが話題に上がりました。

人間禅関西道場  http://www.ningenzen.jp/kansai/

人間禅  http://www.ningenzen.jp/

Mindfulness Timer


小説「マインドフルネス」の話の中で主人公がパソコン使用中もマインドフルであるために一定の時間間隔で音を鳴らすアプリ
「Mindfulness Timer」 (Windows専用)を作り、音が鳴るたびに呼吸に意識を戻しました。
そのアプリをダウンロードできます。(無料)

MindfulnessTimer.jpg

Mindfulness Timer のダウンロード

上のリンクをクリックしてダウンロードして下さい。
リンクをクリックすると「実行」「保存」「キャンセル」と表示されるので、「保存」をクリックして下さい。
ダウンロードしたファイルは自己解凍形式の圧縮ファイルです。
クリックまたはダブルクリックすることで解凍され、使用できる状態になります。
ファイルの置き場所はどこでもかまいません。
デスクトップでもマイドキュメントでも好きなところでOKです。
解凍されるとMindfulness Timerというフォルダができるので、フォルダを開いて、
Mindfulness Timerという時計のマークのファイルをクリックまたはダブルクリックして起動して下さい。
使い方は時間間隔欄にタイマーを鳴らす秒数を入力して実行をクリックするだけです。
指定した時間間隔で音が鳴ります。

免責事項:アプリの使用によって生じたいかなる損害も責任を負えません。使用は自己責任でお願い致します。

【 注 意 】
アプリを実行しようとしても起動しない、または文字化けしている場合があります。
原因はそのパソコンに「Visual Basic 6.0(SP5)ランタイム」というソフトウェアが入っていないからです。
このソフトウェアはVisual Basic 6.0(SP5)で作成したソフトウェアを実行するために必要なものです。
下記リンクからダウンロードしてインストールして下さい。(無料)

Visual Basic 6.0(SP5)ランタイムのダウンロード

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター