FC2ブログ

仏教の基礎知識(大乗仏教編)

大乗仏教になると四諦が三法印になり、八正道が六波羅蜜になります。

三法印(仏教の一番根本の真理)
諸行無常
諸行無常と言うといずれ年をとって死ぬ運命にあることだと一般には思われていますが、じつは全く違います。諸行無常には続きがあります。「諸行無常 是生滅法 生滅滅已 寂滅爲樂」と涅槃経にあります。「諸々の事象は変わり続ける。これ生滅の法である。生滅を滅し終わったのが悟りの境地であり、心の平安に至る」という意味です。生滅の法というのは例えば、私達が物を見たときに、瞬間的に心に映像が生じます。この映像は瞬間的に生じて、次の瞬間にはもう滅しているのです。このように瞬間瞬間に次々と連続して映像が生じることで目で見た世界が心の中に生じます。これはちょうど映画を見ているのと似ています。映画は何万枚もの映像を連続して見せることで、まるで映像が動いているかのように見せます。このようにして心の中に動く映像の世界が作られることを生滅の法というのです。そして、瞬間的に生滅しているということは固定した実体の世界なんか無いんだということです。「生滅を滅し終わった」というのは固定した実体の世界が無いと気づくことで執着するものが元々無かったと悟り、煩悩が無くなることです。これが悟りであり、真の心の平安です。

諸法無我
釈尊が悟られた究極の真理がこの「諸法無我」です。
解りやすく言うと「私はいない」ということです。
諸法無我について、あらゆるものは相互に依存し合って存在しているから独立して存在する「我」はないといった説明をよく見かけます。確かに相互に依存はしています。しかし、仏教の真理はそのような頭で考えたことではないのです。むしろ、頭で考えた「思いの世界」から抜け出して「ありのままの世界」を実際に体験した中にしか真理はないのです。瞬間瞬間の体験をよく観察すると私に関しては手の感覚があっただけだとか、足の感覚があっただけといったように断片的な体験しか無いはずです。この断片的な感覚を寄せ集めて、頭の中で私がいると妄想しているのです。つまり、真理は私は「思いの世界」にいるだけで実際にはいなくて、ただ体の断片的な感覚があるだけなのです。

涅槃寂静
諸行無常・諸法無我を悟ると執着すべき我は無かったと気づき、我執を離れ、苦を生んでいた煩悩の炎が消え去る。一切の苦から解放された境地。

普通はいろいろな物や生き物や空間があると思っているだろうが、本当に在るのは変化する全体だけです。物と生き物、あるいは物と空間を区別する心がいろいろな物や生き物や空間があるという思い込みを生むのです。人は自分を人間だと思い、まわりの世界から独立した存在だと思い込んでいますが、本当は全体から分離した個人は存在しません。私が存在しないという事は年老いたり、死んだりすることもないという事です。全ては思慮分別が生み出した妄想なのです。このことが解ると苦の原因である無明や煩悩がなくなり、あらゆる苦しみから解放されます。

六波羅蜜
布施 : 財施(金品の喜捨)
    法施(仏法について教える)
    無畏施(労力や慈しみの心で他人につくす事)
持戒 : 在家の場合は五戒を、出家の場合は律に規定された禁戒を守ることを指す。
忍辱 : 耐え忍ぶこと。
精進 : 努力すること。
禅定 : 坐禅などの瞑想をして三昧の境地に至ること。
智慧 : 別名、般若波羅蜜(はんにゃはらみつ)ともいいます。自己の本性や世界の真実の姿を見抜く悟りの智慧を得ることが、仏道修行の目標なのです。前五波羅蜜は、この般波羅蜜を成就するための手段である。

※布施を行う上での注意事項
布施は我執(自我が実在すると考えて執着すること)を離れるためにするのであるから、損得感情や見返りを求める心を持つとかえって我執を強める結果となり逆効果である。
当たり前のことをやってるのだという平常心で行うことが大事です。

大乗仏教になると仏道の実践は八正道に替わって六波羅蜜になりますが、実は六波羅蜜は不完全です。八正道の正念が無いからです。
禅宗では動中に正念の工夫をせよと教えられ、最終的には正念の相続一貫といって朝起きてから夜寝るまでずっと正念の状態でいることを求められます。
悟りに至るためには正念と禅定が特に大事で、布施・持戒・忍辱・精進は補助的なものです。

無畏施(無財の七施)
眼施(がんせ) :    優しい眼差しで人に接すること。
和顔施(わがんせ) :  柔和な顔、明るい顔で人に接すること。
言辞施(ごんじせ) :  優しい言葉をかけること。
身施(しんせ) :    労働など身をもって布施すること。
心施(しんせ) :    心の底から人を思いやる慈悲心を施すこと。
床座施(しょうざせ) : 譲ること。例えば、電車の中で体の不自由な人に自分の席を譲ることなどや、人に道を譲ること。
房舎施(ぼうじゃせ) : 例えば、困っている旅人に我が家を一夜の宿に提供したり、休憩の場を提供したりすることなど。もてなしの心。

五戒
不殺生戒(ふせっしょうかい) : 生き物をみだりに殺してはならない。
不偸盗戒(ふちゅうとうかい) : 盗みを犯してはならない。
不邪淫戒(ふじゃいんかい) : 道ならぬ邪淫を犯してはならない。
不妄語戒(ふもうごかい) : 嘘をついてはならない。
不飲酒戒(ふおんじゅかい) : 酒を飲んではならない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター